YaQcelコラム

» タイは“ニックネーム”文化

タイは“ニックネーム”文化

タイの方には、本名の他に
ชื่อเล่น(チューレン)と呼ばれる“ニックネーム”が付いています。

初対面の際に名前を聞くと
大体、ニックネームを言ってくるので
名刺を貰った時などは本名を見て
「誰?」と思ったりする事があります。

以前、タイの方に
「貴女のニックネームは?」
と聞かれた事があり
「特に無いですよ。本名で呼ばれますから」
と答えると不思議がられました。
「じゃ~、なんて呼ばれてたの?」って

日本のニックネーム(あだ名)は
大体が、友人などが付けてくれるケースが多く
中には、“いじめ”みたいな物もあります。

タイのニックネームは
ほとんどが、親が生まれた時に名付けます。

そのニックネームは日本人では考えにくいものもあり
“花”や“果物”などは良いですが
中には、“豚”とか“ネズミ”とか
おいおいって思うものもあります。

最近は、外来語の発音をニックネームにする傾向があり
ちょっと格好良かったりします。

以前、日本でも問題になった“悪魔くん”ではないですが
そのうち、“Devilくん”とか出てくるのでは無いかと
思ったりしております。
 ※ もういるかもしれませんが…