YaQcelコラム

» 【中国映画はバブリー?】

【中国映画はバブリー?】

昨日、中国の映画プロデューサーと打合せをしたので
その時に教えてもらった事

今、中国の映画&ドラマ産業は
かなりバブリーな状態になっているとの事

映画を1本撮るのに制作費が基本的に1億元(約17億円)
ドラマでさえ、1話で1,000万元を超えると言う

「そんなに中国映画って聞かないんですが…」

って言ってみると

「基本的に、ネット映画です。
 視聴者が何十万人っているので
 よっぽど酷い物を作らない限り成功しています。
 とにかく儲かるからガンガン制作費にお金をかけています。」

そう言って、プロデューサーが関わったネット映画を見せてもらうと

「すごい…
 普通の映画と変らないクオリティ」
  ※ 三国志時代の司馬懿仲達の物語


 ※写真は関羽雲長

「ネット映画も色々な方法がありますが
 最初の30分だけ無料で見せて、続きを見たかったら
 お金を払ってね方式がうけています。」

いや~
それって、昔の温泉旅館にあったTV方式じゃないですか
 ※ 最初の10分くらいはタダで見られるが
   続きは、10分100円だったりした

今は、中国でも昔の話を現代版にリメイクするのが
流行っているみたいです。

たとえば
「項羽と劉邦」「史記」「水滸伝」「三国志」etc…

日本でも流行りそうな話ばかりです。
 ※ 個人的に史記の“完璧”の話とか好きなんですがね。

追伸
そのプロデューサーの新作映画が来週からクランクインとの事で
「元AKBの板野友美さん」が出演されるそうです。